FC2ブログ

ブログは移転しました。

→ http://norimune.net

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HADでできること一覧


HAD(最新版はver.9.7)でできる分析をまとめました。
マニュアルから抜粋してます。

HADはこちらからダウンロードできます。


◆分析方法一覧
 HADでは以下の分析ができます。


データハンドリング
 ・変数の作成 → 変数の平均、合計、逆転、尺度変換、値の再割り当てができます。
 ・欠損値処理 → ペアワイズ削除とリストワイズ削除があります。
 ・フィルタ  → 特定のサブジェクトを除外して分析できます。
 ・ラベルの表示→ 変数名以外にラベル、値ラベルを設定できます。
 ・グループごとの分析 → グループ別に分析を行います。

データの要約
 ・記述統計量 → 平均値や分散の計算と正規性の検定を出力します。
 ・度数分布表 → 変数の度数分布とヒストグラムを出力します。
 ・箱ひげ図  → 変数の四分位統計量と箱ひげ図を出力します。
 ・散布図   → 2変数の散布図を出力します。
 ・直線回帰  → 回帰分析を行い、直線へのあてはめをグラフ表示します。
 ・クロス表  → 2変数のクロス表と連関係数や各種相関係数を出力します。
 ・多重クロス表→ 5変数までの多重クロス表を出力します。


基本統計分析
 ・相関分析   → 相関係数(偏相関係数)とその有意性検定を行います。
 ・順位相関係数 → スピアマンの順位相関係数を出力します。
 ・ポリコリック相関 → 順序データのパラメトリックな相関係数を計算します。
 ・共分散    → 共分散行列を出力します。
 ・信頼性分析  → 信頼性係数(α係数、Kappa係数など)を計算します。
 ・一標本の検定 → 一標本の平均値についてのt検定と区間推定を行います。
 ・平均の差の検定 → 対応あり・なしの場合のt検定を行います。
 ・順位の差の検定 → 対応あり・なしの各種ノンパラメトリック検定を行います。
 ・相関の差の検定 → 独立した2つのグループの相関係数の差を検定します。
 ・分散分析   → 5要因までの参加者内・間分散分析と多重比較を実行します。 
 

データの予測(回帰分析系)
 ・重回帰分析   → 重回帰分析を行います(階層的重回帰分析・交互作用と単純傾斜の検定含)。
 ・順序回帰分析  → 順序ロジスティック回帰分析を実行します。
 ・名義回帰分析  → 多項ロジスティック回帰分析を実行します。
 ・判別分析    → 判別分析を実行します。
 ・多変量回帰分析 → 従属変数が複数の場合の回帰分析と正準相関分析を行います。 
 ・媒介分析    → 媒介分析と間接効果の検定を実行します。  
 

データの分解(因子分析系)
 ・主成分分析  →主成分分析を行います。
 ・因子分析   → 因子分析と各種回転を実行します。
 ・クラスタ分析 → クラスタ分析(デンドログラム含)を実行します。
 ・多次元尺度法 → 多次元尺度法を実行します。
 ・対応分析   → 対応分析(コレスポンデンス分析)を実行します。


マルチレベル分析(マルチレベルデータをチェックすると実行できます)
 ・マルチレベル相関分析 →集団レベル・個人レベルの相関係数を算出します。
 ・ペアワイズ相関分析  → ペアワイズ相関分析を実行します。
 ・MUML用共分散行列   → AmosでマルチレベルSEMを実行するために使います。
 ・ペアワイズ共分散行列 → APIモデルを実行するのに使います。


行列演算
 ・逆行列の計算     → 正方行列の逆行列を計算します。
 ・行列式の計算     → 正方行列の行列式を計算します。
 ・固有値分解(Jacobi法)→ 実対称正方行列の固有値と固有ベクトルを計算します。
 ・固有値分解(QR法)  → 正方行列の固有値を計算します(実部のみ)。


HADのメインページに戻る

続きでは、図によるダイジェスト版(?)です。



◆HADの画面

HADのデータシートはこんな画面です。基本的にはエクセルなので、データの貼り付けや編集は簡単です。

variable20.jpg


モデリングはこちらのモデリングシートで行います。

variable6.jpg


◆変数の指定

Ver9.5からGUIで選択できるようになりました。

variable22.jpg


◆変数の変換

変数の値の再割り当てもGUIで実行できます。

variable1.jpg


得点を高群・低群のように2値化することも簡単。ダミー変数の作成もできます。

variable4.jpg


その他に、変数の合成やデータの標準化や中心化も実行可能。

◆変数情報の設定

値ラベルを指定することができます。

variable3.jpg

フィルタを指定して、分析から特定のサブジェクトを除外することができます。

variable2.jpg



◆ヒストグラム

度数分布表と、それに対応したヒストグラムを作成。

manual18.jpg

◆クロス表

2変数のクロス表と、連関係数を出力。

manual24.jpg


◆散布図とバブル散布図

連続変量の場合は散布図

manual19.jpg

順序尺度の場合はバブル散布図が便利

manual25.jpg


◆相関分析

ピアソンの相関係数のほかに、スピアマンの順位相関係数も計算可。

manual21.jpg

統制変数を指定すれば、偏相関分析も可能。

manual27.jpg

カテゴリカルデータの相関係数、ポリコリック相関係数も算出可能。

poly4.jpg

◆t検定

対応あり・なしのt検定を実行。等分散を仮定しないウェルチの検定も可能。

ttest1.jpg


◆順位の差の検定(ノンパラメトリック検定)

マンホイットニーのU検定や、クラスカル・ウォリス検定、ウィルコクソン、フリードマン検定など、各種ノンパラメトリック検定も実行。3水準以上の場合は多重比較も行います。

cross1.jpg


◆分散分析

5要因までの参加者内・間計画を分析可能。多重比較も行います。

球面性の検定や効果量を出力
anova22.jpg


単純主効果のグラフ等も出力

manual22.jpg

◆階層的重回帰分析

回帰分析でステップに分けて効果を検討することが可能。

reg10.jpg


交互作用効果のグラフを出力。3要因交互作用まで可能。

reg14.jpg


◆ロジスティック回帰分析

従属変数が順序や名義データの場合、ロジスティック回帰分析を実行可能。
ステップワイズ法や交互作用項を投入したモデルなどを検討できる。

また、オッズ比やグループ判別結果も出力します。

lreg2.jpg


◆媒介分析

媒介分析の間接効果と検定、また、ブートストラップ信頼区間の計算が可能。

reg17.jpg


◆因子分析

最尤法、最小二乗法、反復主因子法などの抽出法を選択可。回転はバリマックス、プロマックス、直接オブリミン、独立クラスター、プロクラステス回転など。

factor3.jpg

スクリープロットと平行分析

その他、MAPなどの因子数決定指標を出力。

screeplot3.jpg

◆クラスター分析

ウォード法、群平均法、最近距離法、最遠距離法から選択可。

デンドログラムも出力

cluster2.jpg


◆コレスポンデンス分析(数量化Ⅲ類)

カテゴリデータを数量化し、2次元にマッピングします。

mca3.jpg


◆マルチレベル相関分析

級内相関係数とその有意性検定を出力。
以下の表は、対角が級内相関係数、上三角行列が個人レベル、下三角行列が集団レベル相関係数

manual23.jpg


以上、「HADでできること」ダイジェスト版でした。


HADのメインページに戻る





  1. 2012/02/25(土) 15:11:04|
  2. その他
  3. | コメント:0
<<第一回広島社会心理学研究会のお知らせ | ホーム | HAD9.0βアップ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンター

カテゴリー

 サイトが移転しました

 トップ
 日記
 本の紹介
 研究生活
 心理統計学
 HAD
 業績
 資料
 プロフィール

プロフィール

norimune

Twitter

 
 Twitter アカウント:simizu706
 

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。