FC2ブログ

ブログは移転しました。

→ http://norimune.net

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HADでの分散分析のやり方(T検定・一要因編)

ここでは、HADで実際に分散分析を実行する方法を書いていきます。

まずは簡単な、t検定、1要因分散分析のやり方から。
基本的にはt検定も1要因分散分析もやり方は同じです。

t検定には、よく知られているように対応のないt検定と、対応のあるt検定があります。
これはそれぞれ、分散分析でいうところの、1要因参加者間計画と1要因参加者内計画にあたります。
ただし、水準数が2水準である場合に限ります。

実際、t検定で得られる自由度(N-1)のt値は、1要因2水準の分散分析における、自由度(1,N-1)のF値の平方根に一致します。確率も同じです。

このように、t検定は分散分析に下位モデルとして表現できるので、HADでは分散分析の中に入れてあります。
※追記:Ver9.5からは、「分析」ボタンからでもt検定ができるようになりました。こちらを参照してください。

具体的なやり方は「続き」からどうぞ。


◆分散分析の準備

分散分析を実行するためには、分散分析用のスペースを開く必要があります。

まず、「回帰分析」ボタンを選択して、回帰分析用のモデリングスペースを開きます。
回帰分析のスペースに、「オプション」ボタンがあるので、それを押すと、ユーザーフォームが立ち上がります。

最初は「回帰分析」タブが選択されているので、「分散分析」タブを選択すると以下のような画面になります。

anova30.jpg

この状態で「OK」ボタンを押すと、モデリングスペースが分散分析用に代わります。


◆対応のないt検定

次のサンプルデータで実際に分析してみましょう。
※「森・吉田 1990 心理学のためのデータ解析 テクニカルブック」 p95から引用

まずデータシートに図のようにデータを入れます。

anova1.jpg

ここで注意が必要なのは、個人を識別する変数(ID変数)を必ずB列に指定する必要があります。
この状態で、「データ読み込み」ボタンを押しましょう。

すると、自動的にモデリングシートに移動します。

ここで使用したい変数を選択して、「選択セルを投入」ボタンを押すと、使用変数の一覧に入ります。
もちろん、手入力でも構いません。

では最初は、1要因2水準の「対応のないt検定」をやってみましょう。

以下のように入力します。

anova2.jpg

目的変数のところにある"$"は、参加者内要因のときに用いるもので、ここでは関係ありません。

このように、モデルのところに説明変数を指定するだけです。

これを右のほうにある「分析実行」ボタンを押して走らせると、次のような結果が出ます。

anova3_2.jpg


 分析結果は基本的に分散分析のものになっていますが、下の方を見ると「対応のないt検定」と書いてあるのがわかります。
HADでは、「共変量がない、1要因2水準参加者間分散分析」の場合には自動的に「対応のないt検定」と判断します。


◆対応のあるt検定

さて、寄り道しましたが、次は対応のあるt検定です。
対応がある場合は、一人の参加者が両条件について反応しているわけですから、二つの変数を指定する必要があります。HADでは、以下のように二つの変数(今回はx1とx2)を指定します。

anova4.jpg

図のように、目的変数を複数並べた後"$"と入力し、そのあとに要因名を任意につけます。この場合は"b"です。
なお、「目的変数を投入」ボタンを押すと、その時選択しているセルが自動的に目的変数に入力されます。そしてそのあと、自動的に"$"も入力されるので、実際にする作業としてはボタン押して、要因名を書くだけです。

この後、「主効果を全投入」を押せば、自動的に参加者内要因として指定した"b"がモデルに投入されます。
最終的に上の図のような入力をした後、「分析実行」を押すと、以下のような結果が得られます。


anova6.jpg

こちらの場合も同様に、「共変量がない1要因2水準参加者内分散分析」の場合、自動的に「対応のあるt検定」となります。


◆3水準以上

あとは水準数を増やせば、1要因分散分析となります。
やり方は、t検定のときとまったく同じです。

それでは、例として1要因4水準の参加者内分散分析を行ってみましょう。

ttest12.jpg

結果は、以下のような感じです。

ttest13.jpg

多重比較や球面性の仮定については、次の記事で説明します。


次回は2要因以上の分散分析のやり方について解説します。


HADで分散分析をする方法(二要因以上の場合編)

HADのメインページに戻る


  1. 2012/04/09(月) 07:43:58|
  2. HAD
  3. | コメント:0
<<HAD9.1のバグ報告 | ホーム | 分散分析におけるHADの特徴>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンター

カテゴリー

 サイトが移転しました

 トップ
 日記
 本の紹介
 研究生活
 心理統計学
 HAD
 業績
 資料
 プロフィール

プロフィール

norimune

Twitter

 
 Twitter アカウント:simizu706
 

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。