FC2ブログ

ブログは移転しました。

→ http://norimune.net

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HADで因子分析(共分散行列を使った分析+プロクラステス回転)

因子分析の基本的な使い方は、「HADで因子分析をする方法」をご覧ください。

この記事では、因子分析をする上で便利な機能について説明します。
特に、共分散データを用いた方法について解説します。

※ただし、この機能はMac版では利用できません。


具体的には続きを見てください。


◆共分散行列から分析する方法

モデリングシートの「データセット」ボタンを押すと、以下のようなウィンドウが立ち上がります(HAD9.5の画面です)。

variable27.jpg


ここで、「共分散データを使用する」にチェックして、OKを押せば、共分散データをHAD内部に作成します。
すると、使用データの選択欄が消えて、以下のような表示になります。

factor7.jpg

この状態で因子分析ボタンを押すと、ローデータと同様の方法で因子分析を実行できます。

共分散データを利用することのメリットは、

1.計算時間が短くなる
2.使う変数・使わない変数の選択が楽
3.プロクラステス回転が利用できる

1.については、事前に共分散行列を計算しておくとデータの読み込みや共分散の計算時間が省略できるので、計算時間が短くなります。

2.については、変数の選択もチェックボックスでできますので、項目の入れ替えなどが便利になります。尺度を作成する場合などは試行錯誤しながら分析することも多いので、この機能が活きてくると思います。

3.については、事前の仮説的な因子負荷量に最も近くなるように回転するプロクラステス回転を利用できます。
 「プロクラステス回転」のチェックボックスをチェックすると、共分散データの変数一覧の横に、プロクラステス回転用の仮説因子負荷量を入力するスペースが表示されます。そこに因子負荷量を入力しておくと、その因子負荷量に最も近くなるように因子軸を回転してくれます。
 斜交回転を選べば斜交プロクラステス回転、直交回転を選べば直交プロクラステス回転を実行します。

 では、次のような仮説因子負荷量を入力してみましょう。2因子を指定して、プロクラステス回転をチェックします。

manual15.jpg

ここでは、負荷する因子に1、負荷しない因子は空白のままにしています。空白は自動的に0として計算されます。

この状態で「分析実行」を押すと、以下のような結果が出力されます。

manual17.jpg

すでに因子構造がわかってるような場合、プロクラステス回転を使うとそれを再現できるので便利です。


HADのメインページに戻る

  1. 2012/05/18(金) 12:21:55|
  2. HAD
  3. | コメント:0
<<因子分析における因子数選択のための基準 | ホーム | HADで因子分析>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンター

カテゴリー

 サイトが移転しました

 トップ
 日記
 本の紹介
 研究生活
 心理統計学
 HAD
 業績
 資料
 プロフィール

プロフィール

norimune

Twitter

 
 Twitter アカウント:simizu706
 

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。