FC2ブログ

ブログは移転しました。

→ http://norimune.net

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

効果量などを出力するようにしました

現在アップしているHAD9.62ですが、出力を少し増やしました(HAD9.624)。

HAD9.62についてはこちらを見てください。

最近、心理学でも効果量の報告が当然視されるようになってきました。
日本でも、「伝えるための心理統計」の出版のおかげで、だいぶ注目されるようになってきました。

そういう流れもあって、HADでも効果量を出力するようにしました。
ただし、効果量は現状r族のものだけに限っています。
また、ωはサンプルサイズが等しいときの式しかわからないため、採用はやめました。
一般化効果量も、かなり複雑な計算が必要なため、今回は見送りました。

・t検定
 rを出力します。

・分散分析
 (偏)η2乗を出力します。

・回帰分析・多変量回帰分析
 β(標準化係数)を出力します。

・ノンパラ検定
 rとη2乗を出力します。

また、推定値の95%信頼区間も出力するようにしました。
ただ、差の信頼区間は出力しません(多重比較にボンフェローニ系を使っているため)。

それに伴い、グラフのエラーバーも標準誤差と95%信頼区間からどちらかを選べるようにしました。

変更点は以上です。





  1. 2013/01/28(月) 11:12:30|
  2. HAD
  3. | コメント:0
<<AmosでマルチレベルSEMを実行する方法 | ホーム | HAD9.62をアップ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンター

カテゴリー

 サイトが移転しました

 トップ
 日記
 本の紹介
 研究生活
 心理統計学
 HAD
 業績
 資料
 プロフィール

プロフィール

norimune

Twitter

 
 Twitter アカウント:simizu706
 

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。