FC2ブログ

ブログは移転しました。

→ http://norimune.net

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HAD9.65をアップしました。

HAD9.65をアップしました。

増えた機能は、以下の2つです。

1.クラスタ分析に、非階層クラスタ分析を追加しました。
2.多変量正規乱数データを生成する機能を追加しました。

1.は、これまでHADには階層クラスタ分析しかありませんでしたが、非階層クラスタの方法も追加しました。
SPSSでは、「大規模クラスター」という名前になっている方法です。

階層クラスタ分析は、クラスタに階層性を仮定して、ボトムアップ的に分類する方法ですが、
非階層クラスタ分析は、クラスタ数を指定して、トップダウン的に分類する方法です。
サンプルサイズが大きい場合、階層クラスタではかなりの計算量になるので、非階層クラスタが便利です。

方法は、k-means法と、マハラノビス距離を用いたk-means法の2種類です。
k-means法は、ユークリッド距離を使ってサブジェクトを分類します。
マハラノビス距離を使った方は、データの関連性を考慮した距離を使います。
後者の方が、上手く分類できることが多いです(逆に、指定するクラスタ数によっては、上手くいきません)
 
初期値はランダムと、主成分分析を用いた初期値設定法による2種類があります。
後者は、データを主成分分析し、各主成分の主成分パターンに最も近いサブジェクトを中心とする方法です。
もしデータの主成分軸が、各クラスターを特徴づけているなら、適切な初期値になります。
そうでないなら、ランダムにした方がいいです。

2.の、多変量正規乱数データの生成については、2種類の発生方法があります。
1つ目は、手元にあるデータと同じ共分散行列・サンプルサイズの乱数を生成する方法です。
授業で使うサンプルデータの作成に便利です。

2つ目は、任意の共分散行列を別のシートに作成し、それに基づいて乱数データを生成します。
相関行列を入力しておけば、多変量標準正規乱数となります。


変更点は以上です。






  1. 2013/03/25(月) 13:04:45|
  2. HAD
  3. | コメント:0
<<HAD9.7をアップしました。 | ホーム | HAD9.648をアップしました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンター

カテゴリー

 サイトが移転しました

 トップ
 日記
 本の紹介
 研究生活
 心理統計学
 HAD
 業績
 資料
 プロフィール

プロフィール

norimune

Twitter

 
 Twitter アカウント:simizu706
 

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。